じじらぎ

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来をひらく小宝島

027 (1024x768)   0537時、湯泊。 いつもの日の出。 水平線のあたりには雲の層があって、お日さまが顔をのぞかせるのは少し遅くなる。 

この空模様もつかのま。 このあと天気は下り坂に向かった。


村営船「フェリー としま」の帰りの便は定時に出るかどうかはっきりしないという。 おかげで、きょうくる予定だった5人の団体客はキャンセルになった。 


この予約があったために、オカミは鹿児島市での診療日程を中途で切り上げてもどってきた。 5人分の食材もとりよせた。 

この予約で満室になったために、あとから舞い込んだ予約2件は宿の方から丁重にお断わりした。 1日だけでも満室になると、あとからの連泊の予約もお断りせざるを得ない。 

ドタキャンの被害は甚大である。

下世話な話ながら、キャンセル料はいただいたことがない。 小宝島でまともな商売をしようとすれば、看板を掲げるだけで赤字になる。 
 

誰が悪いというわけではない。 悪いのは天気。 なんといっても、こんな不自由な島で宿なんぞやるのが悪い。






小宝島は足の便の不自由さではおそらく日本の有人島で一番だろう。 おれたちの島の方がもっとひどいぞ!…というところがあれば名乗っていただきたい。 

もしあれば、共感と深甚の敬意をもって教えを乞いたい。 厳しい自然と崩壊したコミュニティのなかで、人としての品位と尊厳を失わないで生きる知恵をご教示願いたい。



愚痴をこぼせばきりがない。 

ただし、愚痴ばかり言っているわけではない。 


たまに来るお客さんには「日本の未来をひらく可能性に満ちた島」 という話をする。 語る本人は、身びいきの独断…とは思っていない。  

大真面目、本気である。 

相手が熱心に耳をかたむけるポーズができる人だと、焼酎を無理強いしながら延々としゃべりまくる。 

 


残念ながら、棺桶に片足突っ込んだ耄碌爺ぃの「大風呂敷」 は無為に広げられたまま。 いつ果てるともしれない爺のおしゃべりに進んでつき合ってくれる人はいない。 

たまたまつかまった不運な人に、もう寝たいという本心を隠すのに大変な苦労をさせながら、夜は更ける。

 


以下、焼酎抜き、シラフの白昼堂々の「大風呂敷」。 御用とお急ぎのない方、絶望して何ものにも価値をみとめなくなった方はどうぞ。
スポンサーサイト

エヴェレスト

80歳の爺さんがエヴェレストに登ったという。 「ヘェー」!?

島のひねくれ爺ぃには、猫が塀に登るのを見る以上の感動も共感もない。
 

今朝のNHKテレビもしつこく繰り返す。 それがどうした!…と、思わず声を発したら、オカミがテレビの電源を切った。

15日夜半から雨になった。 

良いおしめり…と喜んでいたら、夜が明けても降りやまない。 未確認ながら、奄美地方は梅雨入りしたらしいという話を聞いた。 ならば、小宝島も梅雨入り。

小宝の梅雨はおおむね陽性だが、去年おとどしは湿っぽい日が長々とつづいた。 ことしはどうなるのか?

レントゲン船

うかうかしているうちに5月も半ば。 

村営フェリー「としま」(1390トン) は0845時に接岸した。 いつもより早い時間。 前日に悪石島に碇泊した住民健診特別便である。

年に一度の臨時便。 島々では「レントゲン船」 と呼んでいる。 



この船は鹿児島出港から帰港まで足かけ4日、往路は2日かけて七つの島で錨をおろし、1~2時間かけて住民一斉健診をする。 小宝島以外の島では大型バスのレントゲン車を船倉から岸壁に降ろすはずである。


小宝島は平島と並んで碇泊時間は短く1時間20分。 人口の多い口之島、中之島よりも1時間ほど少ない。

普段は各島10分そこそこの接岸時間だから、七島のすべてに上陸できるこの便には、トカラ列島を踏破したいという人たちが乗っている。


2009年、皆既日食の年のレントゲン船は、上階レストランのテーブルを取り払って床にゴロ寝させるほどのラッシュだった。

このときは地球物理学のK博士も英国の学者を伴って乗り込んでいた。 聞いてみたらゴロ寝組という。 

VIPを自ら申告するようなお人柄ではない。 十島村も豪気なことをした。  


皆既日食を「千載一遇の好機」 としてトカラの知名度をあげる…という人たちは、日食をカサにきて無理無法を押しとおした。 しかし、注目されたのはこの年だけのことだった。 

トカラの知名度は一時的にあがっても、トカラの島々が良いところ…という評判にはつながらなかった。 それどころか、この年をきっかけにトカラから心が離れた人たちがいた。

この時の逆宣伝効果を七島および十島村は今なお清算していない。 それどころか、自覚さえしていない気配。




おかげさまでレントゲン船の臨時客の数はかなり落ち着いてきた。 


うち4人とは偶然、接触があった。 それぞれに感じの良い人たちだった。

人が多く、賑やかであればいい…というわけでは必ずしもない。

 

憲法

憲法記念日、66回目になる。 人なら不惑も、則(の) をこえない年も、通り過ぎた結構な老人。 しかし、ただの老いぼれ扱いは不当である。


5月

049 (1024x763)   早いもので、もう5月。 旧暦4月の中旬に麦の祭りがあるはずだが、日程はまだ聞いていない。


晴れれば日中は夏の肌もち。 長袖だと暑い。

渡りのお客さんは、アマサギが30羽近く。 ツバメはまだ寒い時期から渡ってきている。 カラスはいつものとおり2羽。 名前は確認できないがツグミ類が多い。

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。