じじらぎ

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自治

住民センターで自治会の総会があった。

規約では4月に開かないといけないが、このところ5月、6月とずれ込み、去年は7月半ばに招集された。 この調子だと、今年は7月、あるいは8月になるのかなと観念していた。

それが6月末日の開会となった。 ひと月ずつずれてきた過去の流れが、どうにか止まった。 


ご同慶のいたり…というべきか。 ただし、決算報告は一部空白のままだった。


聞いてみると、これではマズイという認識はあった。 しかし、いつになったらつじつまを合わせられるか…見通しは立たない風だった。

とにかく、人手が足りない…。 忙しい…。


観光パンフレットには、刻(とき) の止まる島…とある。 だからといって、島民はストップモーション状態で、凍りついているわけではない。

現実には時は冷酷に刻まれ、うかうかすると、人も島も置き去りにしてしまう。 気ままに通り過ぎる旅人の独善的な感傷に調子を合わせて、浮かれていては食っていけない。



赤字になっていないから構うことはない…という考え方もある。 しかし、破産しても差し押さえられるものがない島で、知らない間に知らないところにお金がたまっていくのは恐ろしい。

サラ金地獄に堕ちたら破産宣告すればいい。 しかし、個人が手を出せないお金がどこかにあると始末に困る。 個人のお金ならパチンコ屋あたりで一気に決済出来るけれども、公的なお金は面倒な勘定の手間と最低限の倫理を要求する


どだい、金勘定などというような因業因果な仕事に、しろうとが気安く手を出してはいけない。 そのために安くもない給金をもらってもらって能のある人をお役人になってもらっている。

それが長い間、試行錯誤を積み重ねて来て産み出された知恵のはずだが、残念なことに小宝島には役場がない。 小屋のような出張所はあるが、村役場の正規職員の座る椅子はない。 

臨時雇いの出張員も公金徴収や村営船の乗船手続きだけでなく郵便業務、村営住宅の補修、海水淡水化装置の手入れ、村道の草刈り、村営船入港のさいの誘導、各種連絡…等々のために椅子に座る暇はない。


村役場は島から300キロ以上の海を隔てた鹿児島市にある。 村営船が来るのは週2回。

職員はたまに「出張」してくる。 来ても椅子の用意はない、宿舎もない、お客様扱い。


いつの頃からか、村がなすべき業務をことごとく自治会に丸投げするようになった。



住民の自治に委ねると言えば聞こえはいい.。 実態は、自治能力に欠陥を抱えた地方自治体が、自治の厄介さに根をあげている島の自治会に仕事を押し付けてきた。


凄まじい状況だが、この事態の打開策はある。 

よその自治体のようにやればいい。 管轄地に役場、ないし支所を置き、職員を配置する。 



それをしないで半世紀、53年。 こんな無体なことを続けていて、いったい誰が得しているのだろうか?

 


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。