じじらぎ

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画断水?

なにゆえの断水であったのか……海水淡水化装置に故障はなかったという妙な話を聞いた。

島では分校の屋内体育館建設のために多数の工事関係者が入り込んでいた時期があった。 それが一段落して、島の実人口はむしろ少ない時期。 機械は正常に動き、人は少なく需要は減ったはずなのに断水?


まさか、3.11後の東京の計画停電と同じことではないだろう。 電気はまだあるのに通勤の足を止めて首都機能をマヒさせた。 昔の日本人ならあり得ない本末転倒。 



夕方に突如断水し、一夜明けて朝になってまた断水になったことについては、節水を呼び掛けたために水の使用量が増えた……という人がいた。 これも信じがたい。

この話がウソ出鱈目であることを祈るのみ。 敢えて確かめてみて、万が一本当だったら情けないので忘れることにする。


昼前には蛇口の水は結構な勢いで出るようになった。 

それでもとの静穏に戻ったのかと言えば、ちょっと違う。 島の空気はどこかあわただしい。 あすは体育館の落成式で来賓がたくさん来るのだという。

スポンサーサイト

水罰がきた!

朝、顔を洗おうと思ったら水が出ない! 

きのうは日没を過ぎる刻限までそこそこ立ち働いてシャワーを浴びようとしたら、出ない!  汚れたまま寝て、日づけが変わって朝になって汚れたままの体で起きたら、またも断水。


きのうのアナウンスでは、海水淡水化装置の不具合はひとまずなおって、空になっていた湛水槽に水をためている……ということだった。 一晩たって十分に貯水できたのかと思っていた。 


なぜ、こんなことになるのか?
 

しばらくしてアナウンスがあった。 深刻な状態だから節水をお願いする……とか。 

深刻なのは言われなくても分かっている。 なぜこうなるのか、復旧のメドはたっているのか、肝心のことについては、何もわからない。 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。