じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小宝暦

IMG_0145 (1024x660)

IMG_0013 (1024x691)   小宝島の日昇日没の時間、時々のお祭りなどを書き込んだ暦を毎月作って長いことになる。 いい加減な話ながら、最初に始めたのがいつなのか調べないと分からない。

写真は前年以前にその月に撮ったものを使っている。 整理が悪いので、いちど使われたものが混じっていることがあるかもしれない。


メディア音痴で、PDF文書をブログに掲載する方法が分からない。 やむなく、プリントしたものを写真に撮って添付写真として紹介している。



今月11月分は、台風の連続パンチで村のネットが何度も切れた。 このせいかどうか、室内ネットワークも作動しなくなった。 ついでにプリンターまでサボタージュに参加した。 

1カ月以上のプリンター不稼働のあと、どうにか動きだしたのが昨日のこと。 かくて2カ月分一挙掲載という始末になった。



探していたプリンターと無線LANルーターの使用説明書は今日になって出てきた。 

ことが終わってからノコノコ出てくる隠居爺のごとき間の悪さ。 いまいましいけれども、捨てるわけにもいかない。 元あった場所に大事に安置した。




12月分は訂正補筆した。 村営船「フェリーとしま」 の運航日程にこれまでにない変更があった。


島にとって命の綱、今風に言えばライフラインなんだから、年末年始も運航して…という島々からの声をくんで、ことしは御用納めなどお構いなしに「月曜だし」 を出すことになった。 

今年最後の「月曜だし」 は大晦日、すでに除夜の鐘が鳴り始めてから鹿児島港で錨をあげ、元日に各島を順繰りに下り、翌2日に宝島折り返しで上る。 

元日に初荷が着く。 年賀状も来年から元日に届くかもしれない。 


実は、この話は前から聞いていて最初の暦でも織り込み済みだった。 それに、衆議院議員選挙が飛び込んできたのを忘れていた。

7つの島で投票箱を積み込む臨時便を出す。 12日水曜日 鹿児島を発ち、14日に宝島から折り返して各島で投票箱を回収していく選挙特別便。 島々では13日に繰り上げ投票をすませておく段取り。

この便が加わると、12月は休む間もないフル稼働になった。
 


十島村の村営船「フェリーとしま」 は、生活路線の定期航路ではべらぼうに運航距離が長い。 接岸する港の数も多い。

この点では日本一。 ひょっとしたら世界でもこんな例はないかもしれない。 どなたか、ギネスブックに申請したらどうだろうか? 

世界一にならなくても、それはそれでいい。 「としま」 よりも頑張っている船が、もし世界のどこかで動いているのなら、深い共感を持って連帯のあいさつを送りたい。 


「としま」 の場合は距離が長い、寄港数が多い…というにとどまらない。 波が高く風の荒いことで名高い七島灘を往く。 

1便々々が冒険。 幸運を祈るのみ。  
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/1053-c0517b9b
-
管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。