じじらぎ

« 春へ    タイトルなし »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接岸

DSC04226 (1024x793)

DSC04233 (1024x768)

DSC04225 (1024x768)

DSC04219 (1024x768)

DSC04220 (800x600)

DSC04222 (1024x739)     小宝島だけがなぜか風が強い。 宝島からの折り返し上り便は抜港を心配した。 

手持ちのインスタントカメラの時刻表示では、村営船「フェリーとしま」は0746時に港内に入り、0804時に離岸して港口に向かった。

この間18分。 

錨をうたないまま7本のロープと船尾のスクリュー、さらに船腹の横向きスクリュー2本でバランスをとって人を乗船させ、クレーンで荷物を積む。 

観衆のいないところで懸命に演じられる日常(ルーティン) の名人芸。 寸分の狂いも許されない。 万が一修繕・ドック入りということになるとトカラの島々は孤立する。



上り便最後の港・口之島を出たところで十島村防災無線の放送があった。 鹿児島港には2030時、定時に着くという。

 
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/1085-69a6b36c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。