じじらぎ

« 授業参観    新学期へ »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの絵日記

生来の怠け者。 夏休みの絵日記は8月末にまとめて書いた。 おかげで図画を早く描くのが特技になった。 

年をとってもズボラは変わらない。 

ブログには締め切りがない、新学期のようなおそろしい節目もない。 おかげで、写真日記はズルズと空白のままになった。


このままでは、出来心で始めた「トカラ列島 小宝島日記」 が自然消滅する。 始めるのにさしたる理由はなかったが、ここで終わらなければならない理由根拠も薄弱である。 気分が躁になったときに書き足していくことにする。


DSC04500 (1024x726)   4月初め鹿児島市に行ってきた。 これは4日0622時、はっきりしない空模様で日の出の代わりに飛行機雲を見た。


DSC04502 (1024x723)    4日0808時、甲突川河畔の桜は盛りを過ぎていた。 スピード違反ではないか?


DSC04474 (800x560)   さかのぼって1日1915時。 被写体は娘が生んだ男の子。 生まれて2カ月余、名は太郎という。  


DSC04497 (1024x768)   4日1339時、鹿児島市鴨池新町の鹿児島県労働者福祉会館、植村雄太朗さんを偲ぶ会に出た。  この人については長い長い物語をつづりたいと思いながら果たせぬまま。

ごくかいつまんだ紹介は、南日本新聞「ひろば」欄に「別れの時…」 と題する文を投稿し、3月23日付
に掲載されている。 もともとは高校の国語教師。 言語学者、詩人、銃後の遺児立場で戦争を語る生き証人でもあった。



この会に出るために病院通いの日程を調整したが、体の具合の調整はうまくいかない。 せっかく県都に赴きながらし残すしたことがいろいろあった。 m(_ _)m!









     
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/1090-68464300
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。