じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録

いま鹿児島市にいる。 先月30日の夜着いて、きょう14日発の名瀬行き村営フェリー「としま」 に乗る。


なんと半月を超す滞在。 過去最大になる。 

用事はいろいろあった。 



思うようにはかどらない。 からだも気分も勢いをつけなければ動けなくなっていた。 


難渋したのは老々介護と病々介助。 

病々介助というのは病人が病人の面倒をみるということ。 今でっちあげた言葉だから辞書をひいても出てこない。

はからずも面倒をみる側にまわった。 このへんのことは一筋縄ではいかない。 面倒をみられる側の者たちより面倒をみる側が抱えた難儀が軽微ということでもない。 

巡り合わせの逆転劇。 

悪い籤をひかされたのにはたぶん理由がある。 こしかたの不孝の報いに違いない。 


もともと無理なこと、出来ないことをやろうとした結果、いろんな人たちに助けられた。 密かに徳を積んできた覚えなぞ全くないのに、有り難いことである。




関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/1103-90a663ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。