じじらぎ

« 7月    村政座談会 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P1020044.jpg    夜明け前に雨が降った。 干天の慈雨…。 3週間か4週間ぶりのことである。 庭の花が息を吹き返した。


P1020046.jpg    上は日日草、下の写真はテンニンギク。 よそでは雑草扱いしているかもしれないが、わざわざ植えている。 

下の写真で萱(かや) のように見えるのはレモングラス、左端にみえる白いスチロールの箱に植えられているのはバジル。 写真には写っていないが周辺にはアップルミント、ブラックミント、ローズマリー、ブーゲンビリア、ハイビスカスなどが根付いている。



ここらは珊瑚礁の岩と礫で、表土はほとんどなかった。 自分が来る前、海辺の天梅(てんばい、テンノウメ) を移植してあって、それなりの景色があったという。 その後にだんだんと表土のようなものがふやされて、磯から庭になっていくという経過をとった。

夏場は努めて水をやらないと芝も花も萎れて庭が土色になる。 有り難いことに昨年、山の上の用水溜めの水を使えるようにしてもらったので、夕方一回だけ水を撒いている。

この水は平成2年に海水淡水化施設ができるまで、飲み水にも使っていた。 朝もやりたいところだが、山の上のプールの水がどの程度たまっているのか分からないので遠慮している。 勢いは良いので、当分は余裕がありそう。



裏の畑は敷地内の貯水槽の雨水をやる。 この貯水槽からの水は勢いがなく心細いようなところがあるが、今まで涸れたことは一度もないという。



関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/1125-6a51cc94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。