じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆殺し記念日、あるいは売国の日

IMG_2628.jpg IMG_2620 (1024x683)    12月の日の出。 左は7日07時36分、右は6日07時06分、いずれもパパラギ食堂から。




あっという間に師走になって、きょうは7日。 

真珠湾攻撃の日…。 ここまでは誰でも思いつくだろうが、現代の日本を考えるうえで、もう一つ忘れてはならない日である。

ナントカの日とか、××記念日とかいう言い方はされない、屈辱の日、売国の日。 今に続く政治の虚妄、戦後の日本人の卑屈さ、情けなさを象徴する出来事が、この日あった。


1964(昭和39) 年12月7日、航空自衛隊の入間基地で勲一等旭日大綬章がある人物に授与された。

勲一等を受けたのはカーチス・エマーソン・ルメイというアメリカの軍人。 米国空軍の大将である。 功績は“航空自衛隊の育成に協力があった” ということらしい。 


航空戦力は破壊の効率性に優れ、防衛よりも奇襲や報復に向いている。 

それを平和憲法下の日本、専守防衛を至上課題とする日本で“育成” する。
 
一筋縄ではいかない難題である。  独創的な思想と戦略、それを紡ぎだすことのできる天才的な頭脳が求められる。

 

はたして、ルメイなる人物には「専守防衛」 という難題に取り組める能力があったのだろうか。 戦中の日本の状況をいささかでも知っている者は、暗澹たる思いにならざるを得ない。

実は、太平洋戦争中からルメイ少将(当時) は日本でも知られていた。 マッカーサーほどではないが、知名度は抜群。 

「鬼畜ルメイ」「皆殺しルメイ」 と呼ばれていた敵国の軍人と同一人物である。 

一夜にして十万人以上の命が奪われた3.10東京空襲を指揮し、終戦間際の原爆投下を断行し、数十万の非戦闘員を虐殺した。 


ルメイは猛訓練と果敢かつ常識はずれの戦術で爆撃精度をあげた。 これが評価され、米空軍内では破格の出世をする。 

空襲、米側からいえば日本列島の都市爆撃、でも持ち前の爆撃精度の高さで「戦果」 をあげた。 8,500~9,500㍍の高度でB29の乗員の安全を確保しながら軍事目標を爆撃する従来の戦術をルメイは変更した。 1,500~3,000㍍まで高度を下げて精度の高い爆撃に挑む。

目標は軍事施設ではなく無差別。 

爆撃精度の高さは無辜の市民の虐殺に最大限の効果をもたらすことになった。 東京大空襲では一通りの爆撃がなされたあと避難する市民の退路を断つために風下に油がまかれた…という証言がある。

まさに「皆殺しルメイ」。


この人物を戦後19年、航空自衛隊創設10周年にあたり、日本政府は顕彰した。 当時の佐藤栄作首相は、大国の民たるものはいつまでも過去にとらわれず「今後の関係、功績を考えて処置していくべき」 と語ったとか。

嗜虐もここに極まれり、すさまじい倒錯である。 


沖縄をいけにえにしてアメリカへの隷属状態を固定化し、ウソ瞞着を糊塗して騙し取ったノーベル平和賞を返還しない元首相の甥っ子がいま日本の首相をしている。 

羞恥心、知性、とりわけ歴史観は乳幼児以下、大伯父も真っ青になりそうな蛮勇をふるって売国に余念がない。


勲章授与のさいの推薦人の一人は小泉純一郎元首相の父・小泉純也(当時防衛庁長官) だった。 勲一等は天皇が手ずから授ける親授の決まりだが、ルメイは皇居に招かれなかった。 

ルメイ受章のニュースは朝日新聞が3段見出しで報じたほか読売新聞など多くがベタ(1段見出し) 扱いだった。 共同通信の配信を受けていた南日本新聞が、どんな報道をしたかはまだ調べていない。

異例の出世をしたルメイは当時、米空軍参謀長。 受賞から2か月後の1965年2月7日からベトナムの北爆が始まった。 ルメイは「ベトナムを石器時代に戻してやる」 と豪語したという。 

1964年は東京オリンピックの年。 11月22日ケネディ大統領が暗殺され、代わって副大統領から大統領になったリンドン・ジョンソンが待ちかねたように北爆を断行する。



太平洋戦争末期からベトナム、イラクなど今も続けられる圧倒的な「物量」 による空爆は軍事の観点からは説明しきれない。 軍事作戦というよりは経済行為。 

「リメンバー・パールハーバー」 の合言葉でスイッチオンされ総力を挙げた軍需生産が太平洋戦争の中ごろから過剰になった。 過剰生産された軍需物資の扱い、終末処理はむずかしい。 

軍需から内需への転換を唱えるオバマ大統領さえも、シリアの「期限付き」 爆撃を言い出したりする。 現代の経済は平和、人権に優先する。

アメリカの矛盾にもっとも同情的で軍需物資の処分の一翼を担っているのが日本政府と違憲の軍事組織であろう。 この状況を維持、深化させるのに必要とされた法制が特定秘密保護法…ではないか。
関連記事
COMMENT
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/1148-a5b6c706
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。