じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第675回「料理のエピソード」

うめちゃんはこの前、お客さんが来た時、もう一人のうめちゃんに言われたのです。「生きた鯛をお魚センターで買って、三枚におろして貰らえ。俺が帰ってから切るから、そのまま冷蔵庫にいれとけ!」ですって。つまり、うめちゃんが切ると、刺身が不味くなるから、触るなということです。うん十年も主婦してるんですけど、お料理ちっとも上手くならないんですよ。考えてみると、食いしん坊じゃないんです。だから、上手くならないん...
第675回「料理のエピソード」

演算機(コンピューター) 音痴で「トラックバック」というものの仕組みが分からないんだけど、追記に思ったことを書いてみます。
 
刺身は包丁の切れ味が良くないと確かにまずい。でも、鯛類は下手くそに切って少々身が崩れても、それほど不味くならないように思います。 包丁のうまい下手よりも、食べる直前に刺身にしたいということでは?

自分で鯛の刺身をするときは、鱗をとり内臓を出しただけのものや、切り身にしたものを湿った晒しで巻いて1日ほど冷蔵庫に寝かせます。そうすれば甘味が出る。

それにしても、生け簀に拘留してきた魚を半殺しにして皿に盛る「活き造り」などという悪趣味な食い方は誰が考えたんでしょうね? 魚好きの私としてはそんな残酷な現場には立ち合いたくありません。



関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/117-e5459cac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。