じじらぎ

« 日の出…1apr09    »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度

2001年4月1日。東京ではとうに日が昇っているはずだが、ここらは日の出も日の入りも50分近く遅い。外はまだ暗く、風が巻いている。

新しい年度が始まる。お役所のお金の出し入れにかかわる暦と自身のつかみどころのない生活とはかかわりがないけれども、島に来ている給与生活者はねんど細工に振り回されている様子。

昨晩は、そんなことであくせくせざるを得ない立場の人と飲んだ。評判ともったいがついて、高い値段で売買されるようになった焼酎を燗をして飲んでみた。それほどのことはない。

ちょっと混ぜものをして変わった味にしているだけのことではないか、と疑った。相手も、うまいともまずいとも言わずに黙って飲んでいる。新年度からの仕事のことが頭のどこかにひっかかっている気配。

こちらは、これからの島での暮らしのことをぼんやり考えている。よそ者で臥蛇島や平島で暮らした稲垣尚友さんのことを思い出した。

面識があるわけではない。ただ、なにごとにももったいをつけず、普通の生き方を重んじる姿勢がしのばれて印象に残っている。

夜が白んできた。あとしばらく、薄暗がりの中で舞う風の音をきけば日が昇ってくるはずだが、きょうは曇っている。
関連記事
COMMENT
こんばんは。
急に寒くなりましたが、そちらは如何でしょうか。

いつも生きている文字を綴られる方だと、改めて敬服しました。

純粋にそう感じました。勉強になります。

ではまた・・ 失礼いたします。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/148-44da73b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。