じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3羽ガラス

∇…020  小宝島にカラスは2羽しかいないことになっている。いつごろから、そう言われるようになったのかは定かでないが、80歳代の人が「昔から島のカラスは2羽と決まっている」 という。

ヒナがかえると最大4羽になることもある。幼鳥はいずれ巣離れして島を去る。どこに行くのかははっきりしない。長い年月の間には世代交代もあったはずだが、引退した親のつがいがどうなるのかも不明。

∇…023  集落の入り口付近では、このところ3羽のカラスをみる。3羽ガラス、きのう仔細に観察してみたら必ずしも仲がよくない。
  
絡み合うように飛び交ってる2羽から距離をおいて、孤立した1羽がいる。意識的に排除されている模様。 2羽に向かってしきりに声をあげているが、無視されたまま。親子で巣離れ、親離れしているところかもしれない。

関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/222-6badb7b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。