じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天文館の朝

∇…022    きのうの朝の話。  天文館に隣接する呉服町に宿をとった。鹿児島市のはずれの山の中までタクシーで帰るよりも、ビジネスホテルの宿賃の方が安い。

宿をとったのは銭勘定の問題だけでもない。不義理を重ねた店もあるから帰りの時間がいつになるか分からない。それと、あまり大きな声で言えない趣味がある。

どこの街にいっても歓楽街の朝の風景は面白い。旅に出ると、着いた日はまずその地域を俯瞰できる高いところに行く。 翌朝は、市場をのぞく。 その足で寄るのは“おもしろうて やがて悲しき”歓楽街のゴミだらけの辻々。

明るくなってから仕事が終わり、家路につく女性もいる。どんな家に帰るのか、だれが待っているのか…そこまでは考えない。失礼ながら、今どきはみんなそんなもの。興味をそそらない生活感のない後姿だった。




∇…029    昭和40年、1965年ごろ何回か遊びに行ったことがあるキャバレー「エンパイヤ」 は店をたたんで、跡は更地になっていた。

∇…035  キャバレー跡に朝早くからたむろしているのはタカ、ハシボソガラスがそれぞれ10羽ほど、ハト類およそ30羽。 タカは高いところからあたりを睥睨している。力の弱いものほどせわしなく動き回っていた。




関連記事
COMMENT
こんにちわぁ~^^
タクシーより泊まったほうが安いってすごく羨ましいです^^家の近所も更地になった土地がいろいろあります^^;ずっと立売物件の札がずっと立ててるところも。。。南下なくなるとすごく寂しくなりますね。。。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/250-2944776b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。