じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっぴん

∇…022     日蝕がらみで夏休み中も島にとどまっていた教師たちとその家族が、26日朝の上り便に乗った。先発1家族を含めて先生8人、妻子5人、総員13人が島を去った。

島の人口はこの4月に急増した。主勢力は先生たち。赴任する先生に学齢期の子どもがいて、分校の子どもが増えるのに伴い教員定員も増えるという仕掛け。「社会増」 と言うより「制度増」。

品の悪い言い方をすれば、お手盛り増。 「山海留学」 という半端な制度による増員もある。 …とにかく、どんな形にしろ、島に人が増えるのは有り難い。子どもの遊ぶ声を聞くのはいい。

ただ、制度増の人口は本土に帰るべき家があり、折りあるごとに抜ける。 そうなると寝起きの“すっぴん” と同じ…。島の素顔がさらされる。 27日朝のラジオ体操は参加者がグンと減った。


関連記事
COMMENT
こんにちわぁ^^
島の人口が増えることは賑やかになって良いですね^^それも島に若い人たちが移ってくるなんて。。。のんびりとした生活に憧れをもってきてるのかな。。。^^それとも住みやすいのがわかってるのかな^^
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/269-2705a759
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。