じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投票不可

きょうは、投票できません…という話。 

村役場の職員が島に住まわない問題についての、私設の投票のことではない。 日本国憲法で保障された国民の権利の行使としての投票のこと。


今度の衆院選は事実上、投票できないことになった。 法律に触れることをして選挙権を停止されたわけではない。右翼、左翼、あるいは中道のせからしい勢力から脅迫を受け、それに屈した、ということでもない。



住民票のある鹿児島市の選管に、市外で投票する段取りを聞いた。時間的にもまだゆとりがあって、なにも問題はない。

十島村に電話して尋ねたら「役場で受け付けています」 という。 はて?

選挙の時期は小宝島から動けない。だからこそ、不在者投票の手続き、やり方を問い合わせた。その際、事情をクドクドと説明したはずだった。

十島村の役場で投票を受け付けていても、いなくても同じこと。 村から遠いところにある村役場が、よその役所並みに頑張っているつもりになってもらっても困るのである。
忘れっぽい人のために繰り返すが、十島村の役場は鹿児島市にあり、管内7島に村の職員はひとりもいない。だからわざわ問い合わせをしたのである。

十島村役場に行けるのだったら、鹿児島市選管が設けた所定の投票所に行く。特別な手続きをとる必要はない。



おいおい聞いていくうちに、口之島には十島村選管の職員が出張し、期日前投票などの窓口を設けるらしい。

鹿児島市に帰らなくても、口之島まで出かければいい。同じ村内だからサッと行って、寄り道せずにすぐ帰ればいい…。そう思いたいが、本当にそう思うのはアホである。

小宝島から口之島までは120㌔余り。行きも帰りも途中4つの島に寄り道しないと目的地に着けない。 船は天気が悪くなければ週2便。口之島まで行ったら3晩泊らないと帰りの便がない。


十島村で選挙権を行使するのには、時間と経費、それに体力が要る。死にそこないの病人タロが、ひとり前の国民のツラをしてみたい、などとウカウ思ったのは、身の程知らずであった。
関連記事
COMMENT
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
こんにちわぁ~^^
少しご無沙汰してました。。。謝 選挙に行くつもりでもいけないって辛いですよね。。。私たちは仕方なしにって言うほうが多いんですが。。。すぐ近くにあっても遠い存在とはなんか申し訳ない気がしてきました。。。^^;
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/288-8e61be76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。