じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙の話のやり直し

∇…051

きのうは脱線してしまった。村の職員が島にいないことに対する恨みが深いために、話の趣がその方向についつい流れてしまった。

愚痴を連ねながら思いついたことが一つある。

…村営船「フェリーとしま」 に村役場の支所と職員宿泊所を設けたらどうだろうか?


バカなことを言う、前代未聞のことで法的な障害が多く無理…という声が聞こえてきそう。 しかし、十島村のような難儀なところが例外であって、法律のほとんどは絶海の孤島の集合体向きにつくられていない。


十島村を念頭に置かなかった法律に合わせていたら問題は何も解決しない。島の実情に合わせて法律を手直ししたり、例外規定を設けたりすればいい。


「としま」は公称1,390トン。素人の推測ながら、実際の積載量、容量は2,000㌧クラスに迫るのではないか? 

村役場の窓口事務部門を村営船内に設けるのをはじめ、村会議場、村立図書館、歴史民俗資料館などを洋上につくる手もある。洋上で教育訓練・研究研修を試みてもよさそう。

話がでかくなりすぎるので、続きはいずれ。


とりあえず、選挙期間中は移動投票所を船内に設け、村選管の職員が船に泊まり込むことは出来ないのだろうか。

船に揺られるのは難儀であろう。でも、村民はのべつやっている。都市圏で安穏に暮らす村職員は、そんなキツイことはしない…というのであれば提案を引っ込めざるを得ない。


【写真は24日朝の雲】

関連記事
COMMENT
是非、議員に立候補して善き改革をお願いします。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/290-b812ae38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。