じじらぎ

« お盆    政権交代 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月

∇…012  9月…。 2009年8月は去った。もう戻らない。サンばあさんもヨンゴ爺もすこしずつ年をとる。

国会議員の顔ぶれが少し若くなった。オナゴ議員の衆は、女のいやらしさムキ出しのヒエくさい面々が落選した。

かわりに、いかにも素人っぽい若い娘さんが増えてきた。このまま清新さを失わないでいてくれるのかどうか…。
とにかく自民・公明の時代はひどすぎた。極論すれば、嘘つきと泥棒がやりたい放題。バカ正直に税金を納める者、必死に働く底辺の勤労者を国が愚弄してきた。

官僚、財界と結託して利権の分捕り競争。政治を儲かる商売に仕立てあげ、志のない孫子に世襲相続させる。 そんなことにふけっていて国が良くなるわけがない。



これから政権をになう民主党は政策転換する。 国のお金の“分捕り”から“ばら撒き”へ。

自民・公明は財源の裏付けがないと批判したが、これはさして重大なことではない。だいいち、分捕り合戦の時にも財源をまじめに考えてきたわけではない。

想像で言っているのではない。島で暮らしてみるとよく見える。公共工事や業務発注は安上がりで確実な方法があるのに、あえて金のかかる方法が選ばれる。かかる費用と住民福祉と正比例しない例がたくさんある。

トカラの名を売る千載一遇のチャンスとの意気込みだった日蝕関連事業、ブロードバンド化工事、村営住宅建設…。この手の話を始めると、いつになったら終わりになるのか、始める前からため息が出る。


ところで、鼠小僧次郎吉は奸商どもの蔵を破って盗み出した金を、どんな風にばら撒いたのだろう? 盗むのも難しかろうが、ばら撒くのはそれ以上に難しかったはずである。


私の見るところ、今もっとも大事で焦眉の急の政治課題は、財政の健全化ではない。景気の回復でもない。

何をおいても最優先すべきは、政治にたいする不信感の払拭だ。 それをなおざりにしたままでは財政も、景気も、どん底じり貧から這い上がることはできない。

不信感払拭の具体的な方策は、不公平をなくすこと。これに尽きる。 

金をばら撒くにしろ徴収するにしろ、一律が良い場合と悪い場合がある。 公平の原則を顧慮しない一律や平等は、百害あって一利もない悪平等を招く。


だからこそ、定額給付金は“公職選挙法違反” と批判された。現金買収と同じ…と言われても仕方のない、知恵のないばら撒きだった。

こんな真似を、よもや他の党がすることはあるまいと思った。が、子ども手当て2万6千円…という話を聞いて考え込んでしまった。


下々の考えること、やることが分からない、世襲のボンボン政治家の浅知恵というほかない。子どものためのお金を親に渡して、必ず子どもに渡ると思うのはアホである。余りにも世間知らず。


子どもをまともに育てるのにお金が要るのは、むしろ中学を卒業した先のこと。その時のために備えをしておくべきだが、今の今、お金のいることが山ほどある。

私が子育て中の親だったころ、先々のために蓄えをするということはしなかった。お金があれば目先のことに使った。嬉しいにつけ悲しいにつけ、したたか酔うほどに散財することもあった。

なんとも不心得な話だが、子ども手当てに手を出さない親ばかりだとは思わない方がいい。子どもをほったらかしにして、金があってもなくてもパチンコ三昧という親もいる。


良い悪いの問題ではない。それが現実。 ばら撒きも現実を見てやらないと、金をどぶに捨てるのと同じ。



高校無料化は賛成である。それでようやく先進国の仲間入り。

しかし、2万6千円は大金だ。一律にばら撒くゆとりがあるなら、中学卒業後5年、高校卒業後2年、つまり20歳になるまでの青少年の自立のための支援はできないか?

就職した者は、職業技能の向上のために訓練の機会を与える。大学短大に進学した者は20歳になるまで学費を援助をする。 後は親がかりでも、本人の努力才覚でも、どっちでも勝手。



今どきは、子どもの将来を真剣に考える者ほど子どもをつくりたがらない。教育費に金がかかり過ぎるからだ。高校と、その後の2年ほどを視野に入れた支援策を示せば、空気はいくらか変わってくるのでは?


教育にかかるお金をそれほど心配しないでいい手立て、そのための備えや仕組みづくりは個々の親よりも国がやる方がやさしい。 2万6千円をばら撒きしても財源が心配ないと言うなら、実現できるはずだ。
 
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/301-9fb433d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。