じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忠犬珊  長いこと日記をサボった。しかるべき弁明をすべきなんだけど、まだ鬱の気が抜けきっていない。

こういうときはくどい話はしないほうがいい。理由もなく幸せな気分になったつもりになって、自己愛の世界にこもってみる。

アルコールや覚醒剤などの助けなしに多幸症状態をつくりだすのは難しい。ここは連れ合いのサン婆さんの出番。

誘われるまま、暗いうちに外に出て、顔は温泉場で洗う。サンは水嫌いだから波打ち際から相応の距離をとったところに鎮座する。

渋谷の忠犬の形。姿勢を変えないで待つ。辛抱強いということではなく、海の景色を見つづけて飽きる様子を見せない。
コンピューターの修理がまだできてこない。やむなくパパラギにおいてある古いコンピューターとつき合う。

機械はジェームズ・ボンドも愛用する、音響機器で名を売ったメーカーの商品。なるほど、ものすごい音を発する。それを聞かされるだけでもくたびれるが、決定的に元気を奪われるのは不意の切断。

ちょっと難しそうな仕事を頼むと突如、ブラックアウトする。 ブラックアウト? カタカナは使いたくないが、ほかに言いようがない。



カメラが何度も何度もこわれて、思案の果てに別系統のメーカーの一眼レフを導入した。物入りだったけれども、どうにか気分一新。

映像をとりこむソフトのインストールは順調にいった。 さっそくUBSコードをつなぐ。が、何も変化なし。ソケットを変えてみたりしたが、進展なし。

カメラのメーカーに問い合わせたら、いろんな事態を想定して考えてくれた。結果はお手上げ。原因は不明。

爺の推測では、コンピューターがソフトのインストールをしたように見せかけて、実は部分的に取りこぼしをした模様。難しいことは分からないが、そんな気がする。

なるほど機械は古い。しかし、XP仕様だから骨董品でもない。とにかく、新しい他のメーカーの写真データを受け付ける意思がないことだけははっきりした。



その前に、記憶用のチップやカードから取り込む方法があることぐらい爺ぃだって知っている。しかし、この機械ではソニー用のメモリースティックの挿入口しか見当たらない。

ほかに方法があるのかもしれない。しかし、それを試みて、またも無駄骨というのは嫌だ。

今度は自分の意志で電源を切って、暗い通りをサンと出た。世界は見る見る明るくなって、いつもの通りのお日さまがあがってきた。

この写真がなぜ取り込めたかという話はしない。どうにかできた…という有り難さよりも愚痴が先にたちそう。

28-sunrise.jpg

関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/320-cc7a0bf2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。