じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船待ち…防災十島村

∇…009    きのう湯泊♨から拝んだ日の出。

∇…015   きょう30日(金) 、同じく湯泊♨の日の出。空がきのうより明るくなった。海はなお荒れ模様。きょうの出る船が制限運航にならなければいいが…。

09:15 防災十島村の放送があった。「フェリーとしま」は定刻に出港。小宝島、平島は下り便、上り便とも“ランプウエー制限” という。

つまり車両乗降用の折りたたみ斜路(ランプウエー) を降ろさない。どうしても車の積み降ろしをしないといけないときは、軽自動車に限ってクレーンを使うこともある。

とにかく欠航、抜港でなくて良かった。





……もうひとつ,忘れた頃の防災十島村!

たいして仕事もしなかったのに日が暮れれば,ダイヤメ(疲れ止め⇒晩酌) をしてくつろぐ。良い気分になっているところに“防災十島村” の拡声器がわめきだした。

「地震が発生しました! 地震が発生しました!」 。 島の空気を切り裂くような,べらぼうな音。それが10回ほど繰り返された。


いくらなんでも,これで終わるだろう…と安堵しているところに,またガナリだす。まるで「地上げ屋」 や暴力金融の嫌がらせ。


注意報なのか? 警報なのか? 避難勧告なのか? 指示,命令なのか? 

地震の発生時刻,震源,それに津波の危険があるのか,ないのか…については言わない。すさまじい音量で「地震が発生しました!」 と繰り返すだけ。
 

…いったいどうしろ,というのか? そもそも,なにゆえに出した「防災情報」 なのか?


しばらく間をおいて,午後7時45分ごろになって,今度は穏やかな,というよりシレッとした声でアナウンスがあった。「ただ今,流れました放送は自動放送による誤報です」。


これが,もう一度繰り返され,島はやっと静かになった。

申し訳のないことです…とか,すみません…とかは一切言わない。 これは,どうやら村役場の掟? 島にいる村民にいちいち頭を下げることはない,その方が面倒がない…ということか?



実は,ここ数日,せからしい放送に悩まされていた。31日は資源ゴミの収集日だから「ご協力ください」という。

ご協力…の問題ではない。資源ゴミ,つまり空き缶,空きビン,ペットボトル,ダンボールなどの収集,および危険物収集は月に1度,1日しかない。

収集日を逃すと,ただでさえ狭い家の内外,および島がゴミだめ状態になる。


先月までは,収集日の案内は前日になっていきなり,しかも1回しか確認できないことが多かった。たまたま騒音を出す機器を使って作業していたりして放送を聞き洩らしてしまうと,ゴミを2カ月分ためることになる。


それで,どこかの島の誰かが,放送を日時の余裕をもって繰り返すように村に要請したのではないか?
 島の人は役場に注文をつけるなどという曲々しきことは控える傾向があるが,たまに勇気のある発言をする人がいるのは有り難い。

そこまでは良い。しかし,あんなにもしつこく繰り返されると迷惑である。まさか役場が“文句をつけた” 人に意趣返しをしているわけでもあるまい。


こんな変てこなことが起きるのは,自動放送のせい。これが改まらないのは役場職員が被害を受けていないせいと邪推している。


トカラ7島には,村役場の正職員はひとりも常駐しない。鹿児島市にある役場は午後5時に仕事仕舞い。役場職員が帰って,当直のだれか(たぶん臨時職員) が自動放送のスイッチを入れる。

村長さん以下,役場職員は鹿児島市近郊の自宅に帰って,島でどんなことが起きているのか御存じない。都市住民の無名性の快適さにひたって,ゆっくり くつろいでいらっしゃる時分。



やはり,村に村役場がない,村に職員がいない…というのはいびつである。村役場が中之島から鹿児島市に移って半世紀以上。利点・効用よりも,弊害・問題点が目につく。私見では我慢の限界を超えるところまで来た。


ちなみに地震の発生は午後4時3分。午後5時過ぎに,中之島などで10㌢ほどの潮位の変化があったという。

小宝島の宿の女将によると,棚の食器がわずかに上下に揺れた。しばらくして鹿児島市に支局のある新聞社から取材を受け,地震のせいと知らされた。

爺ぃはいつものようにサンといっしょに波と雲を見ていて,何も感じなかった。

関連記事
COMMENT
ひろさんへ…好い日でした!
おかげさまで好い日でした m( _ _ )m! 今は日が変わって,11月のついたち。早いものです。
いつもながら、ほんとうに素敵な海ですね。

じじさん。今日も好き日に…。
バードウオッチングが紳士のお遊び…という見方については,なるほどと思います。でも,私は紳士じゃない。男子用便所に「紳士」という札があると,戸を開けるのを一瞬ためらいます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/344-a6c9b550
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。