じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トホホ!

トホホ…。情けない始末になりました。

オイドンのあとは,丁寧な言い回しを付加して中和する……というつもりだった。それが,本番ではすっ飛んだ。

「オイドンな猫ごわす」 と改めたのに,全島民(!) の前で朗読する段になってあがってしまった。旧態然,訂正前の「オイドンな猫じゃ」 とやってしまった。

勢いで後のくだりも引きずられる。「猫じゃ,猫じゃ…」 のお粗末。 それで会場から異議はなかった。思えばこれもまた情けない。


年甲斐もなく突っ張った。幕が上がる前に,世話役の若い先生が「マイクはいりませんか?」 と問う。そう問われれば反射的に「うんにゃ」 と応じる偏屈の習性。

会場の分校特別活動室にはこの日,離せない仕事がある2,3人と鹿児島に行って留守の者をのぞく全島民があつまっていた。といっても頭数は40人ほど。


だから,ちっと声を張り上げれば後ろの席まで声が通らなければならぬ。ちっとばかり力んだ。

力んだら「ごわす」 が引っこんだ。かわりに,封印したつもりの「猫じゃ」 が飛び出した。  あとは,猫じゃ猫じゃ…の猫じゃらしの野放し。 ……トホホホ!
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/352-4777adbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。