じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元日の夜明け

∇…初日の出     七島正月(しちとうしょうがつ) の元日15日(旧暦12月1日) は予想どおり晴れた。  朝いちばんに湯泊温泉につかりに行った。 湯加減は上々。 ただし、水平線から昇る初日の出は拝めなかった。雲の層がたれこめ、その隙間から一瞬、赤い光がもれただけ。


∇…日の出2  雲の層は上空に行くほど薄くなる。放射状にもれる光の中心部をたどるとお日さまのありかが知れる。空はだんだんと明るくなってきた。  


∇…正月の竹ん山   西側に視線を転じると、昔、はしけを降ろしていたスロープに何者かが横たわっていた。おなじみ、近くの民宿の女将の岩盤浴。静寂をたもつために足音をしのばせる。うかつに音をたてて起こすとせからしい。

∇…お供え   夕方、島の旧家を尋ねた。ご先祖を迎えるためのお供えがしてあった。左下隅っこは無縁仏のためのお供え。
関連記事
COMMENT
小宝島では海水の淡水化は15年ほど前からやっていますが、より多様な小規模の電源開発の可能性が残されています。地熱、太陽光、風力、潮流、それだけでなく川のない島で水力発電もできるかも!? 自然資源と島の地形をもう一度見直すと面白いと思います。
シマの暮らし・・・
ブロードバンド化が、楽しみでもあるしエコ発電とディーゼル発電の複合実証も楽しみです。・・・次の課題は、海水の飲料水化とその副産物の塩の利用かな!
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/406-889fe201
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。