じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニアミス

∇…003   右側の船は馴染みのない形をしている。背が高いから米軍の強襲揚陸艦かもしれないとも思ったが、たぶん違う。

ニアミスという題をつけてみたが、ほんとうは2隻の船は十分な間隔をとっていた。黒い船がずっと後方にあって、すんなり行き過ぎた。

同じような大きさに見えるということは、黒い船の図体がでっかいことを物語る。遠くをいく船は途中の海が丸く盛り上がっているいるせいか船体の上部しか見えない。それを差し引けば、黒船は高さもかなりある。

その程度のことで強襲揚陸艦を思いだしたのは、鹿児島港で本物を見たせい。イージス艦を見学したときにさえ感じなかった不気味さがあった。


航空母艦を今風に改造し、より機動性を持たせた観。ベラボウに攻撃的なよそおいで、不細工な箱型の艦そのものが恐ろしい仕掛けがなされた武器に見えてくる。


千本万本の剣をかくした箱舟…。海兵隊1個大隊(2000人) を乗せて、いつでも出動できる態勢らしい。



あとで知ったが配備先は、とんでもないところだった。長崎県佐世保港に係留されているのだという。

2月15日付の「沖縄タイムス」 の社説を見て、防衛省のやり方にあきれ返った。与党3党の基地問題検討委員会に出した報告書では、この件を伏せてあった。


海兵隊は普天間にいようと、辺野古にいようと一緒。 最新装備で緊急出動するためには佐世保から強襲揚陸艦が来るのを待つか、佐世保まで飛行機で飛ぶしかない。この現実を敢えて隠したという。


沖縄が紛争先に近いから地理的に断然有利…という話は、初めから違っていた。


1991年の湾岸戦争で、米軍は兵員約50万人を出動させた。うち海兵隊員は9万人、兵員と物資はほとんど米本国から空輸した。

沖縄から出撃した海兵隊員はおよそ2000人。 強襲揚陸艦で行ったのではない。嘉手納空軍基地から民間のチャーター機で湾岸まで飛んだという。


ウソのような話だが、沖縄と本土では情報でも格差がある。

……念のため、本土が進んでいるということでは断じてない。沖縄の現実から目をそらす本土側があまりにもお粗末だということ。




24日は午後2時半ごろ凄まじい爆音をきいた。これは姿を見なくても見当がつく。住家の上を低空で飛ぶ乱暴者は米軍の戦闘機のほかにいない。

 
島に住むと日本の領海領空は、米軍の制海、制空域であることを思い知らされる。それを当たり前のことではない…と思う人が、もっといてもいい。





関連記事
COMMENT
つなみ
ニアミスのコメントではありませんが、つなみは大丈夫でしたか?
ニュースを見る限り、(2/28.21:30.現在)、大丈夫の様ですが…

竹島も対馬も、そして沖縄の事も。
政府もメディアも知らん振り。

何がしたいのか、どうなりたいのか・・・国民も
もっと知る必要があると思うのですが。。。
情報を出さなければ知る術もなし、ネットのなかにはたくさんあるのですが、
知ろうとする人は少数ですね。

大きな地震でしたね。何事もなく良かったですね。^^
m( _ _ )m!
有り難うございます! 朝食前に温泉に行こうかと思っていたのを控えたのですが、全く異状なし。拍子抜けしました。
地震は大丈夫でしたか?
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/433-3df25da2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。