じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爺とサン婆

∇…026   26日、2日続きの雨がやっとあがった。しかし、風は冷たい。「フェリーとしま」 は定時に出港するという。
風は冷たいが、心は寒くない。いつもサンといっしょ、互いに我儘競争。

外を歩きたいときは絶対に吠えないサンがうなり声を発する。爺は「品の悪い声を出すな!」と怒る。何度言っても同じ、婆は動ずる気配がない。 こういう時は結局、婆の言いなり。


ふたりともシモの方が近くなった。日付けがかわって未明の通りに出て、いつもの場所で「関東の連れ○○○」。空を仰ぐと、天頂はぽっかり雲が切れていて星が輝いていた。


きょうは異動転出する先生3人の引っ越しがある。代わりに来るのは2人という。1人減になる。
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/454-79e2ac18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。