じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

∇…020     梅雨が明けた。公式発表はないが、小宝島では長雨の季節が終わって、季節は夏に移った。
本当は梅雨明けを昨日26日とするのが正しいのかもしれない。未明まで凄まじい土砂降りに見舞われて、夜明けと同時に天気があがり、その後雨がない。

きょうは終日快晴だった。このへんで梅雨明けを宣言しておかないと時機を失する。官のお墨付きなど待っておられない。



島全体がぞっぷり濡れていたのが2日続きの晴れ模様で、ころあいに乾いてきた。接岸港まで夕日を拝みに行きたいような気分になった。

行ってみると、宝島の様子がいつもと違う。宿の女将は、島のお婆たちから「宝島に雲がかかると梅雨明け」 と教えられていたという。

目の前には言い伝えられた話を絵に描いたような光景があった。

島に来て初めて見た。去年とおとどしは、いつ梅雨があけたのかはっきりしなかった。雲がかかったのかどうかも未確認。

気象台の発表では奄美地方の梅雨入りは5月7日だった。小宝の梅雨入りも同じとみて、およそ50日間の長い梅雨だった。雨はしたたか降ったが、なぜか屋内にはあまり湿気がこもらない。小宝全体がそうなのか、島の端にあるこの宿だけのことなのかは分からない。


関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/517-ceb3aec6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。