じじらぎ

« 眠り    冬の旅 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小宝への帰還

∇…2008年10月04日_DSC06231
海の天気は予報にたがわず曇りがちだった。ときおり粉のような雨が風上から舞ってくる。見晴らしはあまり良くないが、小宝島に近づくと面白い発見があった。
以前、小島は小宝島に似ていると書いたが、裏側から見てもひな形のように見える視角がある。一卵性親子のような島が二つ並んでいた。

∇…2008年10月04日_DSC06233
右下に飛ぶ鳥はミズナギドリかと思ったが、形がやや大きい。この視角に達する直前に写真に写っていた別の個体を拡大してみたら、この方はどうやらカツオドリ。

∇…2008年10月05日_DSC06824
島に降り立つと、渡りのアマサギがもう来ていた。7月初めごろまではサギ類が残っているのを見ている。とすれば小宝島はサギ類の渡りの休憩所ではなく、逗留地と言った方がいいのかもしれない。宿の女将の話では遠くの空で円柱を描くような勇壮な飛び方をする鳥を2羽見たという。渡りのタカ類が立ち寄ったものに違いない。
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/52-6be43478
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。