じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加計呂麻島

∇…大島海峡    名瀬から瀬戸内町古仁屋へ下り、フェリーに乗った。行く先は加計呂麻(かけろま)。大島海峡は船の往来でにぎわっていた。視界のなかに動いている船は5隻。

∇…島の果て (2)   フェリーを降りたその足で呑之浦に向かう。20余年来の宿願だった。Sさん、ひとり娘のMちゃん、奥さんのMさん、いまはみんな石の碑の下。

∇…しんよう    特攻艇“震洋” が復元されていた。船首に取り付けられた長細い鉄板で舵(かじ) をとる仕組みなのか? 

∇…墓から見た呑之浦   墓碑の下に見える文学碑と呑之浦の海。



∇…12畳    宿は「5マイル」 という風変りな民宿に飛び込んだ。案内された部屋はなんと12畳。庭の先が砂浜と遠浅の海になっていた。

∇…5マイルの庭    宿の敷地にはいろんなものが植えられていた。ユズなどの柑橘類、ニガウリ、ヘチマにマメ科らしいツル植物。ローズマリーやバジル、パパイアも勢いがいい。菜園は奥にあって、野菜類もかなり自給している気配。
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/573-94e9c515
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。