じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月の憂鬱

鬱々としているうちに東京大空襲の日が来た。黙っているわけにいかないが、しゃべろうとすると、また鬱になる。

とにかく日本は変てこな国で、周知のはずの醜聞(スキャンダル) を国家機密の扱いにしてしまう。

その最たるものがアメリカと戦争して負けたという事実。これに触れることを避け、占領状態がまだつづいていることに目をつむる。


おかげで何も知らない能天気な若者が再生産される。こんな状況があるのに教育者も政治家もジャーナリストもほんとうのところを語らない。



米国務省の日本部長が暴言を吐いたという。

アメリカの外交官にゴロツキがいても少しもおかしくはない。しかし、こんな手合いにいつまで大きな顔をさせておくのだろう。


空襲で思い出すのは、航空自衛隊を指導した功績とかで米軍のゴロツキ将軍に勲章を贈った一件。この醜聞を機密化してしまうとこの先の日本はますますおかしくなる。

無辜の市民の頭上に爆弾、焼夷弾の雨を降らせて数十万人を殺戮したカーティス・ルメイ少将の叙勲については2009年5月12日付のブログ「5月の憂鬱」 で触れている。補足したいことは山ほどあるが、きょうのところはあと一つ元気がない。



関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/712-4f87783e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。