じじらぎ

« 閑居    帰還 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶食(く) れ、焼酎食れ、草食れ

八十八夜…。 立春から88日生きた。毎日々々お茶をガブガブ飲んだ。ほかのものも飲んだり食ったりした。

節制はしない。 

せめて、うますぎる物を飲んだり食ったりして喜ぶのを控える。


拒否するわけではない。来るものは拒まず。ただし、敢えて求めない。


値段が高すぎたり、大層な能書きがついたりしているものは、人物でも食物でも無縁のもの。つき合いを控えた方が面倒がない。


草をよく食う。摘む頃合いを心得、しかるべく扱えば草もうまい。 

∇…004    きょうの日の出は薄ぼんやり。黄砂のせいらしい。 

∇…009 ∇…008    アマリリスが盛りを過ぎたかわりに、野のユリが競って咲きだした。 キイチゴも熟れた。 
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/736-750109da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。