じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11

大震災が起きたとき、日本は進路を変えるべき時を迎えたと思った。 方向転換を前提に、東北は必ず復興し、首都圏をしのぐところになる…と断言した。

2カ月経って、新しい方向はなお見えない。

政府はまだもたもたしている。政官財に加えて学界、マスコミまでまきこんだ骨がらみの利権構造もなお健在。

この期に及んで恥を知れ!…と言いたいが、所詮は偏屈爺ぃの繰り言か…。
さて、きょうから、補足は少しずつ書き足していくことにする。ブログなんぞ、マメに書き込まなくてもいいと思ったけれども、長いことサボったのに懲りずに覗いてくださる人たちがいる。

サボり過ぎは、やはり相すまぬ。

…とは思うけれども、一行書くごとに血圧があがる。 存分に硬くなった脳や心臓の血管がはじけると困るので、少しずつ「全文表示」 のところを書き加えることにする。 

ズボラをこいて申し訳のないことです m(_ _)m!




というわけで、さしあたりきょうの加筆は原発のこと。

専門家の間では周知の事実、原発利権族にとっては公然の秘密だったらしいが、IAEAの調査では世界の原発の稼働期間は平均22年余だった。

福島第一原発はすでに40年経っている。それをあと20年使いたい(!) というので海水で冷やすのを延ばすだけ延ばした。

このとき黙っていた菅首相が、浜岡原発の停止を要請した。これにたいし、財界もマスコミ報道も電力の確保が大丈夫か…という訳知り顔の懸念を表明してみせる。

ここの原発も40年前、つまり半世紀前に開発されたいちばん古い型の原子炉。

とにかく古い。車で言えば、ハイブリッドカーが普及している時代に“スバル360” の軽自動車を高速道路に乗り入れて、ほかの車には走行を邪魔しないよう遠慮してもらっているような話。

半世紀前の軽自動車は名車だった。

アクセルを緩めるとエンジンの回転数を落とすことが出来た。スイッチを切ると機関は停止し、燃料が勝手に加熱して爆発するようなことはない。廃車にするのに10年以上かかるなどということもあり得ない。


浜岡原発の停止を首相が言いだしたのは唐突だ…と臆面もなく言う者がいる。バカも休み休み言ってほしい。

原発は不具合を起こしたら思うように止められないことが国民環視のなのかで暴露された。廃炉には10年以上もかかるという。

こんな怪獣のような機械設備は、今すぐ息の根を止めておかないと周辺住民、さらには周辺諸国まで巻き込んだ厄災をまねく。

電力供給が落ちれば景気が悪くなるなどと言っている場合ではない。景況悪化の原因は実は別のところにある。
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/739-17c3dc00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。