じじらぎ

« 朝と夕    湯泊の朝 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

035∇… 034 (2)∇…  秋だ! と思ったのは1週間ほど前から。明け方の風がいちだんと涼しくなった。

トカラに秋はなく、夏か冬しかないと考えたのは間違いではないとして、今からの時期は強烈な夏の裏側に秋の肌もち(体感の気候) を感じることができる。


この1週間の夜明け前の気温は28度、あるいは28度余だった。きょう午前5時現在は気温29度、湿度は60%。

体感では涼しい、というよりも冷えるといった方がぴったりする。

未明の早い時間帯に目が覚めるのは年のせいだけでなく、体が冷え過ぎて毛布や薄い掛け布団がほしくなるためである。

1日に時間差で熱帯の夏と、秋の気配が混在する。カンカン照りの日中でも風の通る影に逃げ込めば一歩二歩の差で変わる。灼熱地獄の裏の極楽。



生き物もそのへんの事情が分かってきて、定められた渡りをしぶる傾向がでてきたのだろうか?

24日はリュウキュウアサギマダラが庭に遊びに来た。

リュウキュウアサギマダラとアサギマダラは小宝島では一年中いるが7,8月だけは島から引き揚げて北に移動すると言われている。ほんらいこの時期にはいない。

飛び方は元気そのもの。台風6号の塩害に耐えて咲き残ったテンニンギクの花の間を飛び回っていて、体の不具合で渡りの群れから置き去りにされたようにも見えない。


鷺は24日も南原(はえばる) 牧場に数羽が残っていた。

その後25日、26日は未確認。27日になって意識して探したが、1羽も見ない。どうやら留鳥化はしなかった模様。
関連記事
COMMENT
Re: バッタイデスガ
不思議ですね。ほんとうに冷えるんです。

温度計は4カ所にあって同じような数字を示している。空気が割と乾いていて、風がよく通るせいでしょうか。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/778-b1684df1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。