じじらぎ

« 潮風    嵐の前 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

001∇…     台風9号がはるか南で動いている。海は刻々と荒れてくる。それでも日はのぼる。湯泊♨からから5時51分。


011∇… 039∇… 041∇…      湯泊湾(ネブリ泊) は沸騰している。波はたえず形を変え、いろんな表情をみせる。それを面白いと思いだしたらキリがない。

これまで使っていた防水カメラはまたダメになった。やむなく、一眼レフを波の正面に向ける。海に浸けたのとあまり変わらないような状態。あとで何度も何度も拭いた。いまのところは異状なし。   
関連記事
COMMENT
m( _ _ )m! 
千載人さん、有り難うございます。Eye-Fiカードというんですね。以前から使ってみようとは思っていました。

過去に壊れたのは液晶と接触でした。今回は機械的な不具合。酷使し過ぎかもしれませんが、メーカーとしては想定内で対応をしておくべきだと考えています。

ご指摘の塩分は気をつけているつもりですが、限界がありそう。昔、電子機器の開発部門で小用のあとの手洗いを励行させたら故障が劇的に減ったというウソのような話を聞いたことがあります。

硫黄分をはじめとする火山性のガスが原因かもしれません。もしこれだと対応策はなさそう。



塩分でしょうか
専門家ではないのですが。どんな防水カメラでもメモリーカードとバッテリーの出し入れは必須です。本体に付着した塩分が指によって内部に侵入したのではないでしょうか。
古い話で条件もだいぶ違うのですが、10~20年前の南極ではどんな電子機器も半年しか持たなかったそうです。原因は「雲母」、微細なヤツが悪さをするのだとか。

安価で済ませるとなると「防水バッグ」が四千円前後、安いだけに操作等に…。水深10mのプロテクターはカメラと同価ですから問題外、物も対応カメラも少ないです。オリンパスのTGシリーズとEye-Fiカードがかなり能力を発揮すると思うのですが。防水は3m、Eye-Fiカードを使えば取り出すことなく画像がパソコンに送れます。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/784-7b79545b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。