じじらぎ

« 用件3つ    »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島詣で

だんだんと横着になって今回も事後報告になった。16日火曜日に鹿児島に戻るボゼ特別便に乗って鹿児島に詣でた。 帰りは19日金曜日の深夜鹿児島を出港する便で、20日正午過ぎに小宝島に戻った。

行きも帰りもなぎだった。 用件はいろいろ。なかで最優先は歯の治療だった。


★s-_MG_カツオドリとイルカ    鹿児島にのぼる村営船「フェリーとしま」が諏訪瀬島を出て平島に向かうところでカツオドリとイルカに遭遇した。写真機の液晶画面ではイルカと鳥の区別が判然としない。

コンピューターの画面でみたら、海と空の境目を行き来する生き物に2つのグループがあった。水から空に出て水に戻るものと、空から水に入って空に戻るもの。

言うまでもないけれども、前の組がイルカ。後がカツオドリ。 それにしても、どことなく似ている。


★s-IMG_0222    海に近いホテルに投宿。17日午前6時8分、桜島のヅタンバラ(中腹) から出るお日さまを拝もうと思ったら、火山灰が噴き上げていて、こんな塩梅の写真になった。


★s-IMG_0234     用件を数えてみたら12件あった。老骨に鞭打って炎天下を往く。

熱中症になる前に休息することにして天文館公園のベンチに座った。隣のベンチでは小宝島では一匹も見ない珍しい鳥がまとまって3匹もいた。

スズメは一見地味だが、手の込んだシブい衣装をまとっている。若いころ雀の絵をソラで描こうと思った。それがなかなか厄介で、まだ出来ないまま。


★s-IMG_0285     20日土曜日午前11時47分、船は渡瀬ラインを越えて小島と小宝島が並んで見えるところまで来た。2つ並んだ寝姿を見ると、まるで親子のお昼寝。


★s-IMG_小宝島と雲    午後零時4分、小宝島が迫ってきた。島の上に雲が集まっている。

今日の空にそんな気配はないけれども、雲の密度が濃くなっても小宝島ではなかなか雨にならない。

上空を覆う黒雲にだまされて洗濯物を取り込むと、仕事が済んだのを見計らったように日が照りだす。小宝の雨は降りそうで降らない。


おとどし2009年7月22日にはこれと逆の現象があった。カンカン照りの真っ昼間、突如冷たい雨が天から落ちてきた。隣の悪石島では竜巻騒動まであった。このことに関して言っておきたいことがあるが、いずれ…。
関連記事
COMMENT
m(_ _)m!
だるまサン、アカヒゲさん、コメントありがとう。 用件12は、ファイルフォルダをつくって整理すれば、診療、買い物、修理、義理(不義理の繕い)の4つ。

4つと言った方が穏当かもしれません。フォルダの中身は、診療が歯科、整形外科、内科。買い物は自転車のチューブ、文具、酒類など。修理はコンピューター、写真機、それに携帯電話の不具合の相談。

難儀なのは同じ診療でも行く先はそれぞれ違うこと。1回、2回ですまないところもある。ヨボヨボの半病人のくせに天文館などの巡拝も怠らなかった。やっぱり、結構な忙しさでした。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/792-0d69481e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。