じじらぎ

« 船が来た    出港延期 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風のとたん現象!?

IMG_0819 (1024x681)    朝6時8分、湯泊湾(ネブリ泊) から。

7号、9号、11号、そして12号。 次々に台風が近づいて草も人も疲弊した。 きのうになって東の風が西の風に変わった。 ときどき北にぶれる。 

それほど強くはないが、ザラザラした潮風であることに変わりはない。 

出港を延期していた村営船「フェリーとしま」 はきょう深夜、定刻に出港するという。 下り便は平、小宝だけでなく宝島もランプウエー制限になった。
一夜明けて風の勢いはやや弱まった。 沸き立っていた湯泊の湾もだんだんと静まって、間断なく押し寄せてくるうねりをやんわりと受け止めている。


午後になって長い間宿の部屋まで響いていた波の音がようやく遠ざかった。 庭ではウスバキトンボ5,6匹が飛び交う。


テレビを見ると、台風12号は四国に上陸したという。 そのまま中国地方に向かう構え。 あまり台風慣れしない人たちが住む地域を、おかまいなく突っ切る。 

報道を見る限り、勢力は弱まっていくのに扱いはどんどん大きくなる。 

台風は人口密集地に近づくと、とたんに巨大化する!? 


前々から気づいていた台風の“とたん現象”。 残念ながら、気象学上の大発見…ということにはならない。

もし、気象社会学という学問分野があれば、法則として認めてもらえるかもしれない。 “最大多数の最大幸福” の原理にしたがえば、やっぱりそれが道理ということか。 
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/806-04298266
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。