じじらぎ

« 日の出2日分    名月 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上りも抜港

IMG_1045∇…1055ばっ港    接岸条件で出港した村営船「フェリーとしま」 は抜港した。 島に近づくと汽笛を鳴らす船が黙ったまま遠くの海をゆく。 

……写真右、水平線上の白い点のような影が村営船、左端の島影は船が直航する宝島。 午前10時55分、小宝島港の堤防から。



IMG_1032∇…    港内はこんな状態。 抜港もやむを得まい。 


その後、うねりはかなり収まったたという話を聞いた。 自分の目では確認していないながらも接岸の期待をもった。 

そんなところにダメ押しの往復抜港の報。 なんと言えばいいんだろう。 


この船には小宝島分校に山海留学で転校する小学6年の男の子も乗っていた。 家は福岡県らしい。 昨夜、船に乗り、島を見て土を踏まないまま深夜の鹿児島港に戻る。 今夜、明日は独りでどうすんだろう?

  

夕方5時ごろ十島村防災無線の放送があった。 宝島で直ちに折り返した船は16時50分口之島を出港、鹿児島
入港は23時40分の予定という。
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/813-e92959d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。