じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棄民

051 (1024x683) (1024x683)     朝6時22分、日の出どきの「中の門」(左側の鳥に似た岩) と「沖の門」。 上空がいっとき金色に輝き、お日さまのある方向を教えてくれる。

055 (1024x683)      それから3時間ほどあとの「中の門」 あたりの海。 日の出どきより荒れてきた。 一日中、こんな調子で、小島の珊瑚礁を波が洗っている。


風景は時に美しく、時にすさまじい。 それが島。 

それはそうだが、船が来ないのは困る。 やりくり算段すれば来れそうな気もするが、やっぱり来ない。
 

このところ妙な言葉が胸の底で響いている。 …キミン! キミン、キミン!

漢字で書けば「棄民」。 
ことしの台風は足が遅い。 どういうわけか足踏みばかりして、南の島をいじめる。

最近のもので思いつくものだけでも7号、9号、11号、12号、14号、そして今度の15号。 直撃はしないけれども、みんな小宝島をいじめた。 なんの罰だろう?


なんの罰でもない。 小宝がいじめられやすいのである。 



台風がはるか熱帯の遠い海で発生すると、接近しない前からうねりが伝わってくる。 うねりは島の南側に寄せてくるのかと思うと南側以上に東側に迫る。 

その方向に湾口を開いている港だけを頼りにしている島が七島で2つある。 小宝島と平島。


島にはたいてい港が2つある。 表の港と裏の港。

ふだんは表の港を使う。 風向きが悪いときは、船は表港でなく反対側の裏港に回る。

小宝と平には裏の港がない。 表だけ。 

人間で裏表のあるのとは関わり合いをもちたくないが、港は裏表がないと困る。

 
なぜ表しかないのかは、人為的な問題である。 

港は人がつくる。 つくらないのも人だ。


ほぼ同じ条件の平島よりも小宝島の方が抜港が多いという現象もある。 これも人為的な問題…という人もいる。


面倒な話は、ひとまず置くとして、9月4日に村営船「フェリーとしま」 が入港する姿を見たときは、思わず涙がこぼれそうになった。

欠航、抜港がつづき、前に入港したのは8月23日だった。 12日ぶりの入港。


その後、11日の日曜日に入港している。 下りのみで上り便は抜港。

それから抜港、欠航がかさなり、船の姿が見えない。 


この次は運航表では22日(木) に入港することになっている。 これも分からない。


台風だから、やむを得ない…。 

…ということには必ずしもならないと考えている。 


方法はいろいろある。 おおまかに2つ。 抜本対策と姑息対策。 抜本ができないなら、当座は姑息でもいいと思っている。


姑息策を一つだけあげる。 

台風がせまっているとき、まだ港に接岸できるうちに鹿児島からまず小宝に直行する。 あと宝⇒悪石⇒諏訪之瀬⇒平⇒中之島⇒口之島というコースで鹿児島に戻る。

これで小宝抜港という事態は免れる。 


ただし、小宝抜港は日常的なことであって、当たり前のことがなされないようにするために口之島や中之島の入港が遅くなるのは迷惑…という声もありそう。

実際にあったという話も聞いたが、これを説得できないお役所なら要らない。
 

ドン尻であろうと先であろうと、抜港にくらべればどうということはないではないか。


今のところ、小宝がドン尻で、抜港の不動のチャンピオン。 こんなことをいつまで続けるんだろうか。
 

私ごとを言えば、今度の入港が22日からさらに延びると困ることがある。 壊れた写真機の修理保証期限が迫っている。 荷づくりは随分前にした。 しかし、船が来ないと送るにも送れない。


さて、横着台風の風は吹いたり止んだり。 「奄美北部は暴風警報」 というテロップがテレビに出たが、暴風強風はいつものこと。 

警報が出されたあと、風がつよくなってくる気配はない。


十島村の防災無線放送もあった。 放送塔の拡声器が何やら言っている。 窓は閉め切ったままなので聞きとれない。


実は、聞こえないままでも不都合は全くない。 

鹿児島にある村役場で、型通りの、心のこもらない気づかいをされるのはご苦労さまなことである。 しかし、そんなものは小宝島では役に立たない。 


関連記事
COMMENT
ちなみに
サシバは キン・ミーと鳴きます。
     キン・ミー キン・ミー
     キミンーと聞こえなくもないか?
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/819-e61012ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。