じじらぎ

« ジジ問答    »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島の日

「暦のページ」 というサイトによると、きょうは“島の日”。 沖縄県八重山郡竹富町の竹富島で2010年10月10日午前10時10分に「日本の島425プロジェクト」 が始動したのが由来。 425というのは日本にある有人島の数という。

この手のパフォーマンスはその場限りというのが通り相場だが、その後どうなったのか竹富町役場に電話して聞いてみた。 
竹富町は役場が島にない全国3自治体のひとつ。 あとの二つは言うまでもない鹿児島郡三島村、それと、知る人ぞ知る鹿児島郡十島村。

総務課に電話したら落ち着いた男の声が出た。 まず、前から気になっていた、“不在役場” の現地でのバックアップ体制について聞いてみた。 

どうやら、きめ細かな配慮がなされている。 だいたい町役場のある石垣島(石垣市) は片道6分の距離で、頻繁に船が出ているというから、週に2度、片道13時間の小宝島とは初めから比較にならない。

 
くどい質問にも終始丁寧に応じてもらった。 島への愛着と誇りをしのばせる口ぶり。 

最後にプロジェクトの連絡先を聞いたら、連絡がとれない…という。 重ねて問うと、事務局が消滅したわけではなかった。 


「きょうは祭日ですから」。 

ガーン! そう言われるまで、きょうが体育の日だったことをすっかり忘れていた。


425プロジェクトは雲散霧消したのではなく、島に本を送る活動など地道に続けられているという。 祭日には世間並みに休むほど恒常化していた。


それにしても、今まで応対してくれていた人はいったい誰だったんだろう。 

間違いないのは、休日に出勤しなければならないほどに急ぐ用事を抱えた人。 その人が十島村役場よりも竹富町役場の方が近いという不思議な錯覚を与えてくれた。

  
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/836-94f1a7a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。