じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勤労感謝の日

019 (1024x683)

024 (1024x676)    勤労感謝の日の日の出。 0655時、湯泊♨ 

島の民家で祝日に日の丸をあげる風景をみない。 海からは本物があがっている。 これにかなうものはない。



044 (640x459)   0752時、小宝港。 昨日の昼すぎ旅行客13人の団体が降りて、折り返しの上り便のタラップをのぼる。 

なんともあわただしい。 磯の温泉の朝の湯加減の良いころにも本物の日の丸の海から出るころにも、この人たちの1人とも出会うことはなかった。

 

051 (640x451)   この風景に時間は重要な要素ではないけれども、いちおう0952時。 船が出、ゴミ出しも終わり、朝の片づけもそこそこに済んだ頃合い。 

場所は一周道路を北にのぼって“行き別れ”を右折して海と温泉場に向かう小路、つまりパパラギの前。 村道なのか里道なのか確かめていない。 

名前はまだない。 モーツァルトのオペラが好きだという旅行者が“子宝” の連想から「パパパ通り」 と命名してくれたが、広く認知されないまま。 通りの良くない名がつけられた、人が滅多に通らない通り。


ここで人が出遭うとこんな光景になる。 国家天下を論じている風にも島の未来を憂えている風にも見えない。 

ご婦人方がなにやら語り合っている情景を、声の届かないところ眺めるのも悪くない。 かしましいことなんぞなく、いたってのどかである。 普段おしゃべりをしないサン婆も加わりたそうな様子。 


島には「駐車」という概念がない。 駐車場の標識も駐車違反の取り締まりもない。 車のエンジンを止めたところが駐車場。
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/870-6375ae3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。