じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰還

小宝島へ    29日1221時,小宝島が迫る。 時化で減速運航になりそうとのことだったが,船足は落ちないまま一路ひたすら南下した。 

上陸した島は人影がなく,ひっそり。 ただし,きょうのひっそりはいつもと違う。 ヒチゲー(日違い) という外出を忌み謹慎する特別な日。 




冠雪     28日1115時,きのう出港の日午前の撮影。 桜島は冠雪している。

村営船「フェリーとしま」 は赤い国際信号旗を掲げていた。 この旗は「危険物を荷役中」 のしるし。 何の危険物だろうか?

人間の「危険物」 は,したたかに酔って千鳥足で午後11時前には自力積み込みを完了した。


桜島の日の出    日付はさらにさかのぼって26日0728時。 海辺で日の出を待つ習性は鹿児島に来ても変わらない。 

「桜島のズタンバラかぁ(中腹から)月がハッ出た」 という歌が昔あった。 日の出はズタンバラからではなく裾野に近いところから顔をのぞかせた。
関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/907-fb77d8de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。