じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学期

入学式262
分校で始業式と先生たちの新任式があった。 午後からは中学に進学する1人の子のための入学式も。


校舎と周りの景色は同じだが,中身が変わった。  

始業式にはパパラギにホームステイすることになった山海留学の少年につきそった。 落ち着いていたように見えたが,あとで本人に聞いたら,コチコチに緊張して痒くなった顔をかくのもジッと我慢していたという。

教師・大人への不信をかかえて辺鄙なところにまで流れてきた少年。 島の分校から帰った顔をあらためて見ると,表情が明るくなっている。


担任については「怖い顔をしているけど,やさしい先生だった」 との評。 その逆,やさしそうな顔をしながら怖い人でなくて良かった。 


【写真は午後からあった入学式】
  
関連記事
COMMENT
ひのきさん,ありがとうございます
エール,ありがとうございます。 とにかく人さまの大事な子を預かるという大それたことを仕出かす始末になりました。 精神年齢に差がほとんどない。 それが救いなのか,情けないところなのか?
留学生
山海留学でひとり子宝島に渡った少年。
島の生活を謳歌し、元気に生活できるよう祈ります。
島から出たくなくなるのでは。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/934-a937061e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。