じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村営船が通る

★s-IMG_0567       0800時、村営船「フェリーとしま」 が湯泊の前を通った。 この5年間、小宝島に住んで初めて見る光景。 

1990年(平成2年) 今の小宝港に接岸するようになるまで、村営船は湯泊と小島の間の水路に錨をうち、人や荷物の積み降ろしはハシケ(艀) に頼った。 

日本で最後のハシケ…と言われる。 重労働というより、命がけの仕事。 ハシケ作業に使われた小舟2隻は、湯泊ではなく城之前漁港の方に保存されている。




★s-080     小島の水道は去年2月、代船の「フェリー みしま」が通った。 この時は抜港している。 顛末は昨年2月18日付に書いた。 この写真はその時のものの再掲。
関連記事
COMMENT
Re: タイトルなし
hanaさんへ

「帰福」というのは福岡にお住まいなんでしょうか。 神々しい感じは30余年前に初めてトカラを訪ねた時に思って、今の私はあっけらかんの毎日。 誰も訪ねてこない権現さまの岩陰に独り踏み入っても、「チワ!」と、声にならない声を出す趣。 ずいぶんと横着になりました。 
ありがとうございます。次回は必ずご挨拶させてください。
2日出しの便に乗船し4日上がりの便で帰福しました。いつもブログやライブカメラで見てる島々をこの目で見たいと思い天候と船のスケジュールそして嫁の目を確認し飛び乗ったしだいです。(いわゆる無計画弾丸一人ツアーです)

初めてのトカラは神々しく圧倒されました。
FJさんへ m(_ _)m!
昔から通いなれたところで、城之前港使用を想定したものではなさそうです。 城之前は珊瑚礁の細い水路を生かした小さな港で、ここを改造するより、新たに作る方が簡単なように素人目には見えます。

さし当りの姑息策、きれいな言葉でいえば現実的な次善策としては、今の港の堤防の反対側にもう一つ接岸できるところをつくることは出来そう。  
hanaさんへ m(_ _)m!
小宝滞在は何日ごろだったんでしょうか? 声をかけていただければ島を案内することが出来たのに、残念でした。

おっしゃる通り、船も船を動かす人たちも日本で一番だと思っています。 航路距離が長い、寄港する港の数が多く、条件が良くない。 なかでとりわけ問題なのは小宝島の港です。 
村営船が通る
城之前漁港が使用出来るか否かの試験航海なのでしょうか?
平島でも東之浜港への接岸が試されていた様ですが…
城之前漁港が使えれば、裏港としての機能をはたしそうですね。
南風には(北風にも?)強そうな感じがします。

ご無沙汰しております。
フェリーとしまの航路変更の理由(わけ)楽しみにします。
実はゴールデンウィーク初めてトカラそして小宝島を訪ねました。(パパラギ荘はすでに満室。。。挨拶もせず失礼したことお許しください)
その時操舵室を見学する機会があり中村学船長とお話させていただき、やはりフェリーとしまはあらゆる面で日本一の船だと感じました。
「血の通った人間が動かしていた」のお言葉私なりに共感いたしました。


COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/960-e25e4477
-
管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。