じじらぎ

« 朔日    村営船が通る »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かも?の葬儀

ダイサギ (800x512)     雨模様の一日。 サン婆との散歩もテゲテゲ(大概々々) にして、庭の開墾に精出す。 

腰が痛くなって屋内に引き上げたところで、珍客がやってきた。 コサギ、アマサギとは体格が全く違うダイサギらしい白鷺。


いま小宝島に来ているサギ類はアマサギが多いけれども、なかにコサギ、ダイサギ、アオサギ、ゴイサギが混じることがある。


ダイサギといえば一週間ほど前に、死んだ個体を熊本から来た山海留学の少年が抱えてきた。 「この鳥はなんの鳥ですか?」 という。

大きさからコサギだと思ったが、足首まで真っ黒で体の特徴からすれば、どうみてもダイサギ。 幼鳥ならば小さくても差し支えないのかどうか分からないまま「ダイサギかも?」 ということで誤魔化した。 


島にはいろんな鳥が立ち寄る。 島と鳥は字の形からしても同族で、深い因縁がありそう。




島に立ち寄る鳥で多いのは、かも。 カモではない。 かも? 

北薩摩のツルの渡来地・出水にいたことがあって、ツルの消息なら分かる。 ほかは分からないから、たいていの鳥は「かも?」 になってしまう。



先の死骸は「ダイサギかも?」 のまま水葬した。

水葬が適切であったのかどうかは分からない。 少年は初め土葬と決めてかかっている風だったが、反対しなかった。


先月、少年と海に潜った。 その際、海の底で2.5㍍ほどのサメの死骸を見た。 無用に怖がらせてもいけないと思って、別の場所に誘導したが、後で聞くと少年もキッチリ見ていた。


島ではいろんな生き物の死にざまを見る。 生と死は海辺の日常的な風景として不断にある。



かも?の葬儀は水葬になった。 かつてい生きていたものをトカラの海に戻す。 妙に荘厳な思いになった。


関連記事
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/961-e2d3d563
-
管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。