じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進水

携帯電話の進水式を挙行しました。 式場は城之前漁港。 列席者は約2名。



ただし、携帯電話は船と違って水に浮かない。 そのまま塩水になじんで気がついたときは液晶画面が真っ暗になっていた。

いまは電池を外して真水で洗い乾燥中。 回復の見込みはない。

当分の電話連絡は宿の固定電話のみ。 おカミの固定電話(宵になったら酔わなければならぬ…という古文の言い回しをそのまま数字にした番号) を使わせてもらう手もある。

顛末は後日。




関連記事
COMMENT
m(_ _)m!
島で暮らす限り非防水はだめですね。 船便がしばらくないので当分は携帯電話不携帯で過ごします。
次の携帯は
防水性の携帯にしないといけませんね。私は携帯とカメラは防水防塵のものを使ってますがなぜか水没経験なくなりました。なぜか非防水の携帯に限って水に入りたがる。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/979-2839965a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。