じじらぎ

« 断水    梅雨の戻り »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風7号

やり過ごせるかもしれないと思っていた熱帯低気圧が台風7号になった。 

16日、鹿児島から折り返してくるはずだった村営船「フェリーとしま」は再度延期になって18日に出港するという。 このため17日に予定されていた日赤巡回診療と子ども病院の小宝島訪問はお流れになった。

長いこと書き込みをサボったままになっている。 この間にあったことはまず宿の車のエンコ。 

アクセルを踏み込むとエンジンが止まる。 走行距離はおよそ14.8万キロ。 両サイドのドアと後ろのドアのたてつけも悪くなっていた。

車検証を見ると13日が車検切れだった。 14日土曜日の下り便で名瀬の自動車整備工場に送る。 航送料は往復およそ3万2千円。 


15日日曜日、小宝島自治会総会。 年に一度のことなので洗いざらい聞いてみた。 会の雰囲気を妙に重くしてしまった。

16日月曜日、港に朝寄る「としま」上り便で、熊本から来ていた山海留学生が帰った。 

中学3年生になった図体の大きい少年。 夏休みにはまだ間があるのだが、熊本の高校の入学希望者見学会に合わせて早めの里帰り。 思えば、早めのというより早すぎる里帰り。 女将は港まで見送りに行くのを拒んだ。
関連記事
COMMENT
夏休みの里帰りです
ひのきさんへ 

山海留学は1年契約です。 今回は夏休みの里帰り。 高校受験に向けて猛特訓を受けることもあって早めに島を出ました。

女将はのべつガミガミ言っていましたが、実は根っからの子ども好き。 テレビなどで子供が不当な扱いを受けているというニュースを見ると本気になって怒ったり、泣いたりしています。 
山海留学生
山海留学生は熊本からだったんですか。
それで、留学期間は1年間と自分勝手に思っていましたが、4箇月足らずで帰省なのですね。一時帰省ではないのですね。
女将さんの気持ちが分かるような気がします。
178cmの大柄な子だから、余計に気になるアンバランスさがあるのでしょうか。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/981-53f1d5fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。