じじらぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

往復抜港

鹿児島に行く用事ができて5日の上り便に乗る準備をしていたら,下りは接岸するけれども,上りは宝島から折り返して小宝島は抜港することになったという。

やむなく日程を1日早めて下り便に乗り,宝島経由で鹿児島に上る準備をあらかたやっつけたところで,下り便も接岸しないとの報。 村営船は下りも上りも島の沖を通るだけ。

台風9号,10号に続いて11号も面白くない動きをしている。 1630時,十島村防災無線は波浪警報が出された旨を伝える。 放送塔は「今後の気象情報にご注意ください」というが,注意したところで事態は良くなりようがない。


1715時,また防災無線。 宝島を折り返した村営船「フェリーとしま」は口之島を17時12分に鹿児島向け出港したという。 鹿児島入港は午前零時20分とか。
関連記事
COMMENT
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Re: タイトルなし
了解しました。 概略伝えておきますが,宿の予約は直截女将に電話でお願いします。 私の宿での役割は下足番,フランス語では門番のことをコンシェルジュと言うのだとか。 
早速のコメント、ありがとうございました。

なるほど、抜港の場合は事前になんとなくわかるのですね。ちょっと安心しました。訪問を是非検討したいと思います。その際には、宿にお世話になりたいと思います。

取り急ぎ、お礼まで。
まささんへ
抜港はあります。 自慢になればいいんですが,この点では小宝島がトカラ7島でもダントツ。

9月上旬は台風さえ絡まなければ,本来は天気のいい快適な季節です。 船の運航にかんする予測は4,5日前から1週間前にはある程度の確度で可能で,島に上陸してから帰り便が抜港になり短期滞在の旅行者が島に閉じ込められるという事例はほとんどないようです。

温泉センターは相変わらず温泉が出ず,シャワーのみ。 島外の人から使用料200円(!)をいただく料金箱だけは健在です。 海岸沿いにある湯泊温泉は24時間いつでもOKで,入湯料,備え付けのシャワーとも無料です。 パパラギは近くにありますので,よそに投宿された場合でもお遊びにお寄りください。
抜港はけっこうありますか?
よく本ブログを拝見しております。

来月上旬時間があるので妻同伴で、悪石島とともに、小宝島へも行こうと思っております。

そこで、ブログを拝見すると結構抜港があるようですが、例年9月上旬はどのような感じでしょうか?

それと、「小宝島温泉センター」の湯船はまだ復活していないでしょうか?
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://jijiragi.blog105.fc2.com/tb.php/986-d193bd0b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。